キャプティブを活用したリスクマネジメントなら株式会社グローバル・リンク「お知らせ・コラム」ページ

キャプティブを活用したリスクマネジメントなら株式会社グローバル・リンク「お知らせ・コラム」ページ

Contact Contact
Contact Contact

Menu

Close

お知らせ・コラム

News & column

運営実務 2021.01.08

OP 5 ーリスクマネジメント契約(キャプティブのイノベーション)Risk Management Consulting Contract (Innovation of Captives)

For those who prefer to read this column in English, the Japanese text is followed by a British English translation, so please scroll down to the bottom of the Japanese text.

リスクマネジメントは、企業の目的達成を妨げる阻害要因や不確実性を排除・制限するための経営管理の活動である。そのプロセスは、企業が抱えるリスクを洗出し、リスクの大きさを算定・分析、そのリスクを受容可能か否か等を評価して、リスク対応策の策定・実施へと進めて、その後もPDCAサイクルによって着実に改善を図っていくものである。

キャプティブは:

①日本の保険会社では提供が困難であるが、「リスクの性質から保険に移転したほうがいいと考えるリスク=地震リスク等、発生頻度は低いが、発生すると甚大な損害を被る可能性が高いリスク」に関して、企業が必要とする、高額かつ広範な補償を確保するための手段である。

②また、自社のリスクを引受ける「自社専用保険会社」であることから、企業が損害を被らないように全社が努めていくため、企業の中に「リスクマネジメント態勢」を構築することに関しても、併せて良好な影響を与えるものである。

③さらに、企業のリスク課題への効果的な解決策(ソリューション・キャプティブ ®)となるばかりでなく、「キャプティブが海外の再保険市場にアクセスすることによって享受できる保険コストの内外価格差」、「リスクマネジメントの成果として現れるキャプティブの保険収益」等によって、企業の保険リスクをキャプティブの事業収益に換える(Turning Risk to Profit ®)ことも可能にする存在である。

1.リスクマネジメントとリスク対応策

リスクマネジメントの具体的なプロセスは、企業が遭遇している、また内包するリスクを発見、認識する「リスクの特定」、リスクの特質を理解しリスクを算定する「リスク分析」、そして対応を優先順位付けする「リスク評価」、このリスク評価によって対策を優先すべきリスクが決定したら、「リスク対応策」をリスク毎に策定する。リスク対応策には、リスクの一部や大半を保険などに移転して共有する「リスク共有」の他、ビジネス撤退にもつながる「リスク回避」、逆に好機を求めてリスクをすべて取る「リスク保有」などの選択肢がある。これらのステッで構成される。

2.キャプティブが与える効果

地震リスクは、発生頻度は高くはないが、南海トラフ大地震や首都圏直下型大地震等の巨大地震が発生した場合、地震や津波によって、大規模な財物の損失や、事業停止から復旧するまでの事業収入の大幅な落ち込みが想定される。しかし、地震によるリスクの全てを日本の一般の地震保険でカバーしようとすると、企業が必要とする補償額を確保することは事実上不可能であり、仮に近い補償額が確保できたとしても、「非常に高い掛け捨て保険料」を支払う必要がある

こうした地震リスクに対する課題は、キャプティブを設立することによって解決できる。「保険会社」であるキャプティブが、グローバル・リンクのサポートのもと、グローバル・リンクと業務提携している再保険ブローカー、大手総合商社丸紅の100%子会社である「マルニックス」の手によって、海外の再保険市場から、広い補償範囲の「世界基準レベルの地震補償」を低廉なコストで確保、日本の元受保険会社に提供することができ、このことによって企業は希望する地震補償を元受保険会社から手に入れることができる。

こうして、キャプティブは、保険数理上、自社で保有可能なリスクを上限に保有して、大半のリスクを再々保険に出すことにより、保険会社としての健全性を維持して安定経営をすることが可能となるのである。

コスト面では、グローバル・リンクの実例では数倍に及ぶ内外価格差の活用によって、地震補償コストは大幅に抑制される。一般の地震保険は、掛け捨てであるが、キャプティブに出再した部分は、保険事故が発生しない限り、キャプティブ運営経費を除いて、保険収益およびキャプティブ資産の運用収益としてキャプティブに蓄積されていくため、投資、また配当として、企業のリスクマネジメント費用に充てることもできるのである。

さらには、このようなキャプティブの設立によって、従業員のリスクマネジメント意識が醸成され、リスクマネジメントの効用がさらに高くなっていくことが期待できる。

3.フェーズⅢ(キャプティブの運営管理)に於ける「リスクマネジメントに関わるコンサルティング契約」

グローバル・リンクは、「キャプティブを設立した後」も、その運営を「フェーズ3(キャプティブの運営管理)」契約によっておこなうだけではなく、日進月歩変化する企業を取り巻くリスク環境へ、キャプティブがリスクマネジメントの有効な手段として役立つように「キャプティブのイノベーション」をし続けていく。それが「リスクマネジメントに関わるコンサルティング契約」である。「造っただけのキャプティブ」では、「有効なキャプティブとして存続し続けることはあり得ない」からである。

日々変わりゆく企業のリスクに対して、常にキャプティブを「最適な姿(キャプティブが受ける保険種目の適正化、補償範囲の適正化、再々保険環境の適正化)」へとイノベーションさせ続けるため、「リスクマネジメントに関わるコンサルティング契約」をフェーズⅢの契約と同時に締結してこの命題を追求していく。

その主要な活動は、キャプティブに移転するリスク、地震リスク、サイバーリスク、会社役員賠償責任リスク等に対する保険が、補償額や補償範囲等において、企業のリスクを過不足なく適切に補償しているのかを検証することである。例えば、地震リスクの場合であれば、企業の財物(付保対象物件)を包括的に補償できているか、保険価額は現価に基づいているか、利益補償は適正にカバーされているか、総支払限度額はPML(予想最大損失額)を勘案しているか等を調査、分析して、常に適切な保険プログラムなっているかを検証する。

このリスクマネジメント・コンサルティングは、「フェーズ1(キャプティブの事業化調査)」のなかでも実施するが、「フェーズⅢ(キャプティブの運営管理)」の段階に於いても、フェーズⅢと同時進行で、企業のリスクアセスメントをおこない、企業の各部署のリスク調査から、分析、評価、対応策定を毎年おこなっていく。

同時に、キャプティブの再保険のため、海外の再保険市場の調査、折衝を再保険ブローカー、マルニックスと連携しておこない、引き続き低廉で補償が広い競争力の強い再保険カバーの安定的な確保に努める作業を定期的におこなっていく。また、マルニックスの動きとは別に、グローバル・リンクは、リスクを最終的に引受けることになる、「キャプティブからの再保険先(元受から見れば再々保険先)」であるロンドン・マーケットの再保険会社、また他の世界最大級の再保険会社とも、直接連絡を取り、更には保険専門機関や情報会社とも常に接触して「再保険マーケットの状況」をモニター、ウオッチをしている。

現在はコロナ禍で海外出張、海外からの訪問を受けることができないが、オンライン会議システムを駆使して、上記関係各社とキャプティブ顧客の引受リスクに関わる情報交換・協議を随時行なって、必要な対応を図っている。

これらが「リスクマネジメントに関わるコンサルティング契約」の骨子である。

今回のまとめ

キャプティブは設立しただけでは「赤ちゃん」と同じである。「ミルクをやり、オムツを替え、育んで」いってこそ大きく、健康に成長していくのである。ところが、設立されたキャプティブのほとんどは、この「育児」をしていない状態であり、「1年経過して翌年の保険更改」という段になって、様々な課題やトラブルが浮かび上がってきていると仄聞している。

川田剛先生、山田二郎先生、更には以前法務顧問であった志賀櫻先生からも、「育児をきちんとやってください」とのご指導を受け、グローバル・リンクは、この「育むこと」、「キャプティブへの継続的なリスクマネジメント」に多くの時間を掛け「健康で頑健なキャプティブ」へと成長させてきた自負がある。また、そういうキャプティブを保有されているお客様からも、この「キャプティブへの継続的なリスクマネジメント」を実行してご好評を得ている。

キャプティブの設立(誕生)=リスクマネジメントのゴール(目的)ではなく、自社のリスクを受けるという単なるキャプティブから、キャプティブの親会社、グループ全体のリスクマネジメント態勢を的確かつ頑健にして、「企業経営の推進役」を担う存在にキャプティブを「育成」、やがては、損害保険会社として親会社全体の事業の幅を拡げ、事業収益を大きく得る存在にしていくことが重要ではないだろうか。日本を代表するメガ損保の淵源を辿れば、皆そのようにして産まれ、大きく育ったのである。

                                         執筆者:菅原   伸 雄
                                         翻訳者:羽谷 信一郎

English Translation

Operational Practices 5 – Risk Management Consulting Contract (Innovation of Captives)

Risk management is a business management activity for eliminating or limiting obstacles and uncertainties that prevent companies from achieving their objectives. The process involves identifying the risks faced by a company, calculating and analyzing the magnitude of the risk, evaluating whether the risk is acceptable or not, formulating and implementing risk response measures, and then making steady improvements through the PDCA cycle.

A captive is a means of securing the extensive and expensive coverage required by companies for risks that are difficult for Japanese insurance companies to provide, but which they believe are better transferred to insurance due to the nature of the risk (e.g. earthquake risk, which is a risk that occurs infrequently but is likely to cause significant damage if it does occur). In addition, because captives are “proprietary insurers” that underwrite their own risks, they can also have a positive impact on the development of a “risk management posture” within a company, as the entire company strives to ensure that the company does not suffer losses.

Captives not only provide an effective solution to a company’s risk challenges (Solution Captives ®), but also provide a “price difference in the cost of insurance between the internal and external costs of insurance that a captive can enjoy by accessing foreign reinsurance markets”. It also makes it possible to convert a company’s insurance risk into a captive’s business profit (Turning Risk to Profit ®) by means such as “captive insurance profit as a result of risk management”.

1.Risk Management and Risk Management Measures

The specific process of risk management consists of “risk identification,” which is to discover and recognize the risks that the company is encountering and involves, “risk analysis,” which is to understand the characteristics of the risks and calculate them, and “risk assessment,” which is to prioritize the responses.

After the risk assessment determines the risks for which countermeasures should be prioritized, a risk countermeasure is formulated for each risk. There are several options for risk countermeasures, including “risk sharing,” in which some or most of the risks are transferred to insurance and shared, “risk avoidance,” which may lead to withdrawal from the business, and “risk retention,” in which the company seeks opportunities and takes all risks.

2. The effect of captives

Although earthquake risk is not a frequent occurrence, in the event of a major earthquake, such as a major earthquake in the Nankai Trough or a major earthquake directly under the Tokyo metropolitan area, earthquakes and tsunamis could result in large-scale loss of property and equipment, as well as a significant drop in business revenues until business is restored to normal operation. However, it would be virtually impossible for a company to obtain the amount of coverage it needs if all of the risks of an earthquake were to be covered by standard Japanese earthquake insurance, and even if they were able to obtain something close to the amount of coverage, they would have to pay high “non refundable premiums”.

These earthquake risk challenges can be addressed by establishing a captive. With the support of the Global Link, the Captive, with the help of a reinsurance brokerage firm that has an alliance with the Global Link, will be able to provide Japanese primary insurers with a wide range of world class earthquake coverage from overseas reinsurance markets at a low cost. , which allows the company to obtain the earthquake coverage it wants from the primary insurer. Captives can thus maintain their soundness and stability as an insurance company by reinsuring the majority of their risks while retaining up to the maximum amount of risk they can actuarially retain.

From a cost perspective, the cost of earthquake coverage can be significantly reduced by taking advantage of the internal and external price differential. Although earthquake insurance premium in general is a non refundable, the portion ceded to the captive will be accumulated in the captive in the form of insurance income and investment income from the captive’s assets, except for insurance incidents, which will be possible to be invested and distributed as dividends to the company’s risk management costs.

Furthermore, the establishment of such a captive will foster an awareness of risk management among employees, which will further increase the effectiveness of risk management.

3. Risk management consulting

After establishing a captive, Global Link will not only operate it through a “Phase 3” (operational management of the captive) contract, but will also continue to “innovate the captive” so that it can serve as an effective risk management tool to respond to the ever-changing risk environment surrounding the company.

It is not possible for a captive to continue to exist as an effective captive if it is just a captive that is created. We pursue this proposition by simultaneously concluding a consulting contract for risk management in order to continue to innovate captives to “optimize the shape of captives (i.e. optimization of insurance categories, coverage and insurance environment)” in response to the ever-changing risks of companies.

We will verify whether insurance policies for risks transferred to captives, earthquake risks, cyber risks, and corporate directors’ and officers’ liability risks adequately cover the risks of the company in terms of the amount and scope of coverage without excess or deficiency. For example, in the case of earthquake risk, we will investigate and analyze whether the insurance program provides comprehensive coverage for the company’s property (insured property), whether the insurance value is based on the present value, whether the profit coverage is adequate, and whether the total payment limit takes into account the probable maximum loss (PML), and so on. We will verify whether or not there is an adequate insurance program in place at all times.

This risk management consulting will be conducted during Phase I (feasibility study of the captive), but in Phase III (operational management of the captive), concurrently with Phase III, a risk assessment of the company will be conducted, starting with a risk survey of each department of the company, followed by analysis, evaluation, and formulation of a response every year.

At the same time, we will work with reinsurance brokers to research and negotiate overseas reinsurance markets for captive reinsurance, and will continue to work regularly to secure competitive reinsurance cover that is low cost and broad in terms of coverage. The company will also exchange information with other of the world’s largest reinsurers in London and Tokyo on a regular basis regarding captive client underwriting risks, and will monitor the London reinsurance market to ensure that any necessary action is taken, which will be referred to as “risk management consulting”. These are the essentials of the “Consulting Contracts for Risk Management”.

Summary of this issue

Once a captive is established, it is just like a baby. A captive needs to be fed, diaper changed, and nurtured before it can grow up to be a large and healthy baby. However, I have heard that most of the established captives are not taking care of their babies, and when they have to renew their insurance after one year, various problems and troubles are coming up.

Mr. Go Kawada and our former legal advisor, Mr. Sakura Shiga, also advised us to “take care of your children properly”, and Global Link is proud of the fact that we have spent a lot of time on this “nurturing” and “continuous risk management for captives” to make them grow into healthy and robust captives.

We have also received positive feedback from clients who own such a captive by implementing this “continuous risk management to the captive” approach. The establishment (birth) of a captive is not the goal (purpose) of risk management, but rather the development of a captive from a mere captive that is subject to its own risk to a captive’s parent company and the entire group’s risk management posture in an accurate and robust manner, and the “development” of the captive into an entity that plays a role in promoting corporate management. Eventually, as a non-life insurance company, it will be important to expand the scope of the parent company’s business as a whole and make it more profitable.

This is how Japan’s leading P&C insurance companies were born and grew up.

Author:Nobuo Sugawara
Translator: Shinichiro Hatani