キャプティブを活用したリスクマネジメントなら株式会社グローバル・リンク「お知らせ・コラム」ページ

キャプティブを活用したリスクマネジメントなら株式会社グローバル・リンク「お知らせ・コラム」ページ

Contact Contact
Contact Contact

Menu

Close

お知らせ・コラム

News & column

リスク対応策 2020.02.10

リスクマネジメント 8 ーオリンピックが教えるキャプティブ



2020年夏の東京オリンピック開幕まで10ヶ月の時点で降って湧いた、「マラソンと競歩のコース」を暑さ対策で、東京から札幌に移すという国際オリンピック委員会(IOC)からの「提案」、「東京開催側」の抵抗も空しく「決定機関たるIOCの決定」ということで札幌に変更となった。

(上空より、どこまでも平地が続くロンドンを望む:左側にテムズ川、正面にシティの高層ビル群)

1.ロンドン・マラソンの記録

このことで、15年前、2004年8月開催されたアテネ・オリンピックのマラソン競技のことを思い出す方も多いのではないだろうか、それほど「暑い、アテネ・オリンピック」であり、そのためもあり劇的な結果となった。英国が「金メダル確実」と考え、ゴール際の観客席には「金メダルのお祝いをする」ため、ブレア首相(当時)が陣取ったのが女子マラソンであった。

しかし、最初にゴール・テープを切ったのは150cmの小柄な日本人「野口みずき」であった。ギリシャ・オリンピアでおこなわれる東京オリンピックの聖火の採火式後、第1番目の走者は恒例によりギリシャ人となるが、続いて2番目の走者を務める。

その英国が全土を挙げて期待した星が、「ポーラ・ラドクリフ」、女子マラソンの当時の世界記録保持者であった。2002年の初マラソンで、いきなり当時世界歴代2位の2時間18分56秒を叩き出し、翌2003年、同じロンドン・マラソンで、2時間15分25秒の驚異的な世界最高記録を打ち立てた。しかし、アテネでは36km地点で、彼女は涙して棄権、ゴール・テープを切ることはなかった。誰しも、「ラドクリフ絶対有利」の観測。野口よりも6分も上回るベスト・タイムを持つ彼女が、なぜ、遅れ、そして棄権したのだろうか。

ロンドン・マラソンの開催は、毎年4月、ロンドンはまだ肌寒さを残している季節である。8月のアテネは、気温35度。過酷な気温、大理石を敷いた滑りやすい道。筆者が注目したのは「コースの高低」である。「道路をコースとするマラソンは、トラック競技と異なり平坦な場所を走ることは、本来稀な競技」である。ロンドンはテムズ川沿いに大きくなった街である。観光名所、大観覧車「ロンドン・アイ」に乗ると、どこまでも平坦な土地が続いているのがよく分かる。ほとんど高低差の無い街、ロンドン・マラソンのコースは「大きなトラック」のようなもの。パルテノン神殿が立つアクロポリス等、「神々の棲む丘」で有名なアテネのマラソン・コースは、強烈な高低差を感じさせる。

2.ほんの少しの上り坂

ジョギングの経験のある人なら誰でも知っていることであるが、ほんの少しでも上り坂にさしかかると、平坦な道と違い、途端に苦しくなり、格段にスピードが落ちる。大きな負荷がかかるからである。「ラドクリフ」の特徴は「積極的にレースを引っ張り、ライバル達を引き離して勝つ」ことであった。その独走を許す「平坦な道のり」がアテネにはなかった。

アテネ・オリンピックで、水泳平泳ぎ、100M、200M、いずれでも金メダルを取った北島康介には、「F1レース」同様に「チーム北島」が設立され、高度な分析機器を揃え、学者・研究者が「メカニック」となり、様々なデータを検証、競合環境及び自己分析をおこない、的確なトレーニング・メニュー、試合に臨む際の戦略を入念に練っていたことは、よく知られていることである。

ポーラ・ラドクリフも同様に、1人で闘っていたわけではない。世界記録を出したときも、男性のマラソン・ランナー2人が「ラビット」と呼ばれる「ペースメーカー」として彼女の前を走った。その「チーム」がコース、気温、競合相手等を徹底的に分析したはずである。しかし、その分析が導き出した結果を出すことはできなかった。そこに、「分析」では見過ごされた「ほんの少しの上り坂、その連続」という「リスク」があった。そして「暑さ」である。「引き離せるはずの場所なのに、何時までたっても引き離せない」、そのうち「大きな坂」になり、引き離されてしまった。その途端、「まさか」と意欲が萎えて棄権してしまったのではないだろうか。

「ほんの少しの上り坂」がマラソン選手に大きな影響を与えるのと同様、企業経営に於いても、この「ほんの少し」と思える「負荷」が知らず知らずのうちに大きな影響を与えていくものである。「大きな坂道」は誰しも用心する。しかし、「ほんの少しの上り坂」を見過ごす危険性は高い、見ても「このくらいは大丈夫」と過信するものである。「いままで大丈夫だったのだから、これも大丈夫」と考えないだろうか。確率論から言えば、むしろ「いままで大丈夫だったのであれば、そうならない可能性が高まった」と考えるべきにも関らず。

3.グローバル・リンクの考えるリスクマネジメント

「平場、平時でのみ培った戦略」は「ほんの少しの坂」でも躓くことが多い。結果、事業を中断、撤退、市場から消え去った企業が如何に多いことか、そうならないためのスキルが「リスクマネジメント」である。しかし、「リスクマネジメントは完璧なのだろうか」「果たして、リスクはマネジメント(管理・制御)できるのだろうか、何かを見過ごしてはいないのだろうか」、「平時に用意したリスクマネジメントの手法、マニュアル」で「緊急時、危機」に対応できるのだろうか、こう反省して「リスクマネジメント」に対して、新たな視点から様々な検証と対応をおこなう動きが現れてきた。

欧米の多国籍企業の場合、自国とは異なった様々な社会環境下で事業展開をしてきた歴史がある。そのため、早くから、企業戦略として「経営を脅かす不確実な要素を排除し、リスクをヘッジする」リスクマネジメントの手法が開発され、多くの企業で導入されていった。

リスクをヘッジする代表格は保険である。しかし、「保険にもリスク」がある。保険会社が「引き受けをしないリスク」と保険証券に記した「免責(保険金を支払わない事項)」がある。保険金額の限度もある。「保険の導入=リスクの完全なヘッジ」ではない。こうして、来のリスクマネジメントから、一段進化させたものがグローバル・リンクの主唱する「進化型のリスクマネジメント」である。

4.ソリューション・キャプティブ®

この「進化型のリスクマネジメント」の考え方から開発されたキャプティブが、ソリューション・キャプティブ®である。

「自社の専用保険会社である『キャプティブ』を所有する最大の意義は、『リスクマネジメントという高度かつ複雑な操作において、キャプティブを通じて、再保険市場へのチャネルを確保することができる』ことです。」(弊社法務顧問であった、志賀櫻弁護士の2007年12月28日付「最高裁への鑑定意見書」より)

このように大きな意義を持ち世界全体では7,000社以上存在するキャプティブだが、日本企業が所有するその数は僅か90社ほどとされている。要因は種々指摘されているが、キャプティブの最大の効用である「リスクマネジメントの視点」が欠落、「租税回避を主唱するキャプティブ組成の不適切な勧奨が横行している」ため、企業経営者の信頼感が得られないところにあったと考えられている。

グローバル・リンクでは、この本義に適うキャプティブを「企業の経営戦略に『解』(ソリューション)を与えるキャプティブ、『ソリューション・キャプティブ®』」として、その意義を明確にするため、2016年12月22日に商標登録した。

ソリューション・キャプティブ®は、「リスクが非常に巨大、また特殊過ぎて、補償が損害保険会社からは一般的には得られない、そのような補償の提供の可能性を有する、企業の経営戦略、リスクマネジメント態勢に大きな効用を与えるプログラム」である。千差万別のニーズを持った多くの顧客の要望を満たす保険会社ではなく、「自社のニーズのみに特化して補償を提供する自社専用保険会社」だからできるのである。

 

(ロンドン:ハイドパークよりシティを望む)

以下のような要望や課題を持つ企業にとってはソリューション・キャプティブ®は、重要な企業戦略として、企業収益の改善とリスクマネジメント態勢の進展に大きな効用があると考える。

5.ソリューション・キャプティブ®の効用

① 充分な「物的損害リスク」の補償額を持つだけでなく、欧米では一般的な「地震による企業収益の低下リスク」も補償する地震保険を掛けたい。
② 損害率は長年良好にも関わらず、損害保険料の負担が過大である。
③ 現在、自社が必要とする保険や補償が満足に得られていない。
④ 海外の現地法人や支店では満足な保険補償が得られていない。
⑤ 購入している保険の免責金額が大き過ぎる。

今回のまとめ

リスクマネジメントは欧米で発達した学問の分野である。したがって、どうしても「横文字」が多い。このことは「横文字を使えばそれらしく見えてしまう、聞こえてしまう」という弊害をもたらす側面も持っている。そのため、「本物の専門的なスキル」が無い会社にこのリスクマネジメントの指導を受けてその体制を構築すると将来に大きな課題を残すことになる。グローバル・リンクでは、何社ものそういう会社からご相談を受け、「適格なリスクマネジメント体制」を構築してきた。

この「ソリューション・キャプティブ®」を設立、活用して、リスクに真正面から向き合い、そのリスクをかえって収益化する(Turning Risk to Profit®)企業戦略、このキャプティブ設立のメリットを最大化することを実現して、企業業績の更なる拡大を目指すチャンスではないだろうか。