キャプティブを活用したリスクマネジメントなら株式会社グローバル・リンク「お知らせ・コラム」ページ

キャプティブを活用したリスクマネジメントなら株式会社グローバル・リンク「お知らせ・コラム」ページ

Contact Contact
Contact Contact

Menu

Close

お知らせ・コラム

News & column

リスク対応策 2020.07.06

RM38ーレーザーレーサー Laser Racer

今年開催予定であった東京オリンピックは、1年延期され来夏開催の予定であるが、一向に終息の気配を見せない新型コロナの世界的な感染拡大によって、果たして来夏の開催が可能であるか、水面下で種々の議論がなされているとも聞く。それほど、オリンピックは人々の注目を集める「イベント」である。

これまでのオリンピックで、筆者の記憶に一番鮮明に残っている選手は、12年前2008年に開催された北京オリンピックの男子平泳ぎ、北島選手である。「日本競泳界で、初のオリンピック2大会連続2冠の偉業が達成されるかどうか」とメディアの注目を一身に集め、報道も過熱したが、結果はあっさり、「北島、完全制覇」の文字がメディアのそこかしこに踊ったことを記憶している。

色々な競技において、装備・ウエアは、アスリートを支える貴重な「武器」の一つと言えよう。中でも身体一つで戦う競泳の競技用水着は、年々さまざまな進化を遂げてきた。0.01秒でも速く、その一心の選手の成長と同様、彼ら彼女らを支える水着もまた大きく進化している。1924年水着の制作を開始した日本のある大手スポーツ用品メーカーは、64年の東京五輪で日本選手が着用した水着をそれまでは絹製だったものをナイロン100%のニット素材で制作、選手の速さを後押しした。そして、やがて糸自体が伸びる素材、ポリウレタンが使われるようになり、動きやすさが格段に増していった。

1988年のソウル五輪からは、より科学的なアプローチが行なわれ、如何に流水抵抗を減らすかに注目した水着が開発されるようになった。素材の進化に加えて、体形に合った裁断や縫製技術も向上して、そこに科学的知見が加わっていった。2000年のシドニー五輪では「サメ肌」と言われた全身を覆った水着が登場、そして迎えた2008年の北京五輪では、米国航空宇宙局(NASA)が開発に協力して英国の水着メーカーが発売した水着、「レーザー・レーサー」が登場した。

2008年2月に発表され、翌3月にはこの水着を着用した選手がヨーロッパ選手権で、次々と世界記録を更新、その威力が注目されたものであり、極薄、超軽量で撥水性に優れた素材を使用していた。特長はレーザー技術を用いて縫い目をなくしているところにあった、このことからレーザー・レーサーと呼ばれ、当時、流行語にもなった言葉である。そして、すべての水泳競技を席巻したのである。

1.日本のガバナンス(企業統治)

2019年12月18日、「かんぽ生命保険の不適切販売」をめぐり、外部の特別調査委員会は、「日本郵政グループのガバナンス(企業統治)不在」を白日の下にさらす報告書を公表した。社外取締役によるリスク管理の不徹底、親子上場企業におけるグループガバナンスの困難さなど、多くの問題点が指摘され、「社外取締役などの外部人材」が活用できていない実態が浮き彫りになり、「不適正募集が黙認される風潮が形成されていた」と結論づけた。

さらに、これに加えて、12月20日かんぽ生命の不正販売問題をめぐり、「総務省が近く発表する日本郵政グループに対する行政処分案の検討状況を郵政側に漏らした」として、事務方トップの総務事務次官が同日付で停職3カ月の懲戒処分を受けた。同次官は、同日、辞職。事実上の更迭である。

監督官庁である総務省と企業は、適切な距離と関係を保たなければ、ガバナンス(企業統治)は働かない。極めて秘匿性の高い情報を、監督官庁が監督すべき「企業」に漏洩する、その理由が「旧郵政省の先輩であるから」と聞くに至っては、監督官庁と監督される側の企業との関係どころか、「企業対企業の関係さえ保っていない」と感じる。「何をか況んや」と言った孔子も驚くほど、「ガバナンス(企業統治)」が全く機能していない状況であった。

このようなことが起きた理由としては、「監督すべき立場の人間より、立場の強い人間、元上司が監督される側の企業に『天下っている』から」である。こういう状況が根本的に改革されない限り、リスクは残る。そして、残ったリスクは、また何かを「媒介」にして顕在化する、それがリスクの本質だからである。

コーポレート・ガバナンス(corporate governance)は、日本語で「企業統治」と訳されるが、「漢字の持つ意味によって別の意味を感じさせる可能性があるから」であろうか、「コーポレート・ガバナンス」と呼ばれることの方が多い。企業(組織)経営を管理監督する仕組みを意味する。株式会社の場合、会社の所有者である株主の利益を最大限に実現できているかどうかを管理監督するシステムである。総じて、「企業の不正行為の防止と競争力・収益力の向上」を総合的にとらえる仕組みのことをいう。

2.ガバナンス(企業統治)を支える「仕組み」

「内部統制」は、2004年5月の会社法によって、「業務全般」に対して整備、運用することが明確にされ、大会社および関連会社に義務付けられた。さらに、「財務報告」については、当時、米国で「エンロン事件やワールドコム事件といった巨額粉飾・不正監査事件が多発」していたが、「日本でもこのような事案に対応する仕組みが十分ではない上場企業が多いこと」が判明したため、金融商品取引法によって、内部統制の整備状況や有効性を評価した内部統制報告書を経営者が作成し、公認会計士等がそれを監査する、二重責任の原則に基づいた仕組みが整備されたのである。すべては、「ガバナンス(企業統治)」を機能させるための仕組みである。

優秀な人材が多く集まると言われた日本の官僚機構が、いつからこのような状況を呈してきたのであろうか。「私心を離れ、天下国家を考える」と言われ、世界的にも評価の高かった日本の官僚機構、そのトップの一人が、なぜ「ガバナンス(企業統治)不全を露呈する劇を演じる役者の一人になった」のであろうか。

どの企業でも、「火災が起きたら」、「地震が起きたら」と損害保険を検討する、そして掛けるか掛けないかを決め、掛けないときにはどうするかを決める。それが企業を守る手段だからである。

「企業を守るには」という一点でリスクマネジメントを進めていくと、必ず「保険を掛けるか掛けないか」の選択をする機会が訪れる。しかし、政府の建物にも、財産にも保険は掛けられていない。何かあったら予算を要求して、その修理、修繕、回復、再建をするのである。

極論すると、このように「リスクマネジメントの発想が全くない」ような「仕組み」に原因があるのではないだろうか。「リスクを感じることが無い組織」にリスクマネジメントの一部である、ガバナンス(企業統治)の発想は存在しないからである。

今回のまとめ

北島選手の泳ぐ姿が印象的で、目に焼き付いている。「肩をすぼめ、全身一直線となって水の抵抗を減らす努力をしている姿」であった。

海を河を進む船には、必ず波が起こる、同様に企業が事業を推進すれば、砕け散る波のように必ず「抵抗」が起きる。企業が事業領域を拡大するとまたその事業分野で「抵抗」が起きる。事業の進む方向に対して「進む方向とは違うベクトル」が強ければ強いほど、「抵抗」つまり「リスク」の度合いは大きくなり、事業展開のスピードを弱める。

そのリスクを減じる経営手法こそ、ガバナンスではないだろうか。レーザー・レーサーのように「身体全体を締め付けるが進む方向にベクトルを収束させる」、そのような的確なガバナンス態勢が構築されたとき、それは「締め付けの道具」から「適格な事業の推進に強力な力を与える手段」へと変貌する。

そのためには、新型コロナのパンデミックという巨大なリスクが突如顕われて企業経営の舵取りを困難にしている今こそ、明確な目標となる「キャプティブの設立」を視野にした本格的なリスクマネジメントによって、他の「潜在リスク」をあぶり出し、リスクが顕在化する前に「早め、早めの対応策」を詳細に検討して、対応策を立てておくことが必要ではないだろうか。

English Translation

Risk Management 38-Laser Racer

The Tokyo Olympics, which had been scheduled to be held this year, has been postponed for one year and is scheduled to be held next summer, but with the global spread of the new corona virus showing no signs of abating, it is heard that various discussions are taking place behind the scenes as to whether or not it will be possible to hold the Olympics next summer. The Olympic Games are such an event that attracts people’s attention.

The most memorable Olympic Games so far in this writer’s memory is Kitajima’s men’s breaststroke at the 2008 Beijing Olympics, 12 years ago. The media attention was all over the place, wondering whether Kitajima would become the first Japanese swimmer to win two consecutive Olympic titles, but the result was a resounding “Kitajima’s complete victory”, as I recall.

Equipment and clothing are one of the most important “weapons” to support athletes in various competitions. A major Japanese sporting goods company, which started making swimwear in 1924, has been producing swimwear for Japan’s 1964 Tokyo Olympics. The swimsuits worn by the athletes were made of 100% nylon knit material instead of silk, which encouraged the athletes to be faster. Eventually, the use of polyurethane, a stretchy material, was introduced, which made the swimwear much easier to move around in.

Since the 1988 Olympics in Seoul, a more scientific approach has been taken to develop swimwear that reduces the resistance of water flow. In addition to the development of materials, cutting and sewing techniques have improved, and scientific knowledge has been added to the mix: the 2000 Sydney Olympics saw the introduction of the “shark skin” swimsuit, and for the 2008 Olympics in Beijing, a swimsuit called the “Laser Racer” was introduced, developed by a British swimsuit manufacturer with the help of the National Aeronautics and Space Administration (NASA).

It was announced in February 2008, and in March the following year, athletes wearing the swimsuit broke a series of world records at the European Championships, which attracted a lot of attention. One of its features was the elimination of seams using laser technology, hence the name “Laser Racer”, a term that became popular at the time. The Laser Racer became the buzzword of the day and dominated all swimming competitions.

1.Japan’s governance (corporate governance)

On December 18, 2019, an external special investigative committee released a report exposing the “lack of governance (corporate governance) of the Japan Post Group” in the light of the “improper sales of Japan Post Life Insurance”. It pointed out a number of problems, including inadequate risk management by outside directors and difficulties in group governance at parent-subsidiary listed companies, highlighting the lack of utilization of “external human resources such as outside directors” and concluding that “an atmosphere of tacit acceptance of inappropriate recruitment had been created”.

In addition, on December 20, a top administrative vice minister was suspended for three months for “leaking to the Postal Service the status of the Ministry’s consideration of a proposed administrative action against the Japan Post Group,” which will be announced soon. He resigned on the same day. It’s a virtual ouster.

Governance will not work unless the regulator, the Ministry of Internal Affairs and Communications, and the company maintain an appropriate distance and relationship. When one hears that the ministry is leaking highly secretive information to a “company” that is supposed to be supervised by the regulator because “he was a senior staff member of the former Ministry of Posts and Telecommunications,” one gets the impression that the ministry is not only failing to maintain the relationship between the regulator and the company being supervised, but that it is not even maintaining a business-to-business relationship. To the extent that even Confucius was surprised when he said, “What’s going on?”, there was a complete lack of functioning corporate governance.

The reason for this is that people in strong positions, former bosses, are being overseen by companies, rather than by people in positions that should be supervised, and this is what has happened. Unless this situation is fundamentally reformed, the risks remain. And the remaining risks will emerge again, mediated by something else, because that is the nature of risk.

Corporate governance is translated as “kigyou touchi(corporate governance)” in Japanese, but it is more often referred to as “corporate governance,” perhaps because the meaning of the kanji character may give it a different meaning. It means a system of management and supervision of corporate (organizational) management. In the case of a joint stock company, it is a system for managing and supervising whether the interests of the company’s shareholders, the owners of the company, are being realized to the maximum extent possible. In general, it refers to a system that comprehensively considers the prevention of corporate fraud and the improvement of competitiveness and profitability.

2.Mechanism to support governance (corporate governance)

In May 2004, the Companies Act made it clear that large companies and their affiliates are required to establish and operate internal control systems for their entire business. As for “financial reporting”, there were “many cases of massive window dressing and fraudulent audits such as the Enron case and the WorldCom case” in the U.S. at that time, and it was found that “many listed companies in Japan do not have sufficient systems in place to deal with such cases”, so the Financial Instruments and Exchange Law requires that the status of internal controls and the financial reporting system should be reviewed. The management prepares an internal control report that evaluates the effectiveness of the internal control, and a certified public accountant or other person audits it, based on the principle of dual responsibility. These are all mechanisms for making “corporate governance” work.

How long has the Japanese bureaucracy, which is said to have attracted so many talented people, been in this state of affairs? How is it that one of the heads of Japan’s world-renowned bureaucracy, which has been described as “out of self-interest and focused on the nation”, has become “one of the actors in a play that exposes the failures of governance”?

Every company considers property and casualty insurance “in case of fire” or “in case of earthquake” and decides whether to take out insurance or not, and what to do if they don’t. That is the way to protect the company.

If you promote risk management with a single-minded focus on “how to protect your company,” you will always have the opportunity to choose whether or not to purchase insurance. But neither government buildings nor property are insured. If something goes wrong, they demand a budget to repair, restore and rebuild it.

To put it bluntly, the cause of the problem lies in the “system” that seems to be “completely devoid of any concept of risk management”. This is because organizations that do not perceive risk do not have the concept of governance, which is part of risk management.

Summary of this issue

Kitajima’s swim was memorable, and I can still see it in my mind’s eye. The way he squared his shoulders and made a concerted effort to reduce the resistance of the water.

Similarly, when a company promotes its business, it is bound to encounter “resistance” like breaking waves. Likewise, when a company expands its business, it is bound to encounter “resistance” in that business field. The stronger a company’s business vectors are in a different direction than the direction it is going, the greater its resistance, or risk, will be, and the speed of its business development will be weakened.

The management approach to reduce such risks is what we call governance. When such an accurate governance structure is established, like a laser racer, which “constricts the entire body but converges vectors in the direction of movement,” it will transform from a “tool for constraint” to a “means of giving powerful power to the promotion of qualified business”.

To achieve this, now is the time when the huge risk of a new corona pandemic has suddenly emerged, making it difficult to steer corporate management, and it is necessary to expose other potential risks through full-scale risk management with a view to establishing a captive, which is a clear goal, and to examine in detail the “early and prompt countermeasures” before the risks become apparent and formulate countermeasures.