キャプティブを活用したリスクマネジメントなら株式会社グローバル・リンク「お知らせ・コラム」ページ

キャプティブを活用したリスクマネジメントなら株式会社グローバル・リンク「お知らせ・コラム」ページ

Contact Contact
Contact Contact

Menu

Close

お知らせ・コラム

News & column

リスク対応策 2020.09.05

RM45ーサンドイッチ(ハワイ)Sandwiches (Hawaii)

グローバル・リンクがキャプティブの設立地として推奨している場所は、米国ハワイ州である。現地のキャプティブ設立運営会社2社と業務提携を交わしている。

このハワイ諸島の主要な8つの島の名前を1980年代の人気テレビドラマ「スチュワーデス物語」の主人公が、「浜から、もう蟹(ハマカラモオカニ)」と一生懸命呟いて憶えていたことが印象的だったためか、よく憶えている。その島は、南から順に、ハワイ島(Island of Hawai‘i:Big Island)、マウイ島(Maui Island)、カホオラウェ島(Kaho‘olawe Island)、ラナイ島(Lāna‘i Island)、モロカイ島(Moloka‘i Island)、オアフ島(O‘ahu Island)、カウアイ島(Kaua‘i Island)、ニイハウ島(Ni‘ihau Island)である。頭文字を取ると、「ハマカラモオカニ」となる。ハワイ州の政府関係機関が存在、また観光地としても有名なワイキキビーチを有している島は、オアフ島である。

これらのハワイ諸島は、19世紀末までは、欧米人として初めてハワイ諸島に到達した英国海軍士官、ジェームス・クック(通称:キャプテン・クック)が名付けた別名で、欧米人には呼ばれていた島々であった。その名前は「サンドイッチ諸島」であった。

1.サンドイッチ伯爵

この「サンドイッチ」とは、当時の英国の海軍大臣であり、キャプテン・クックの探検航海の推進に力を注いだ「サンドイッチ伯爵ジョン・モンタギュー」のことである。

モンタギュー家は、1662年のチャールズ2世の王政復古の際の功績でドーバー海峡近くの地、「サンドイッチ」の領主に任ぜられ、それ以降、代々、英国海軍の枢要な立場を占めた家柄である。1729年祖父が亡くなったため、10歳で4代目となった、ジョン・モンタギューは1775年から1783年までの米国独立戦争では、海軍大臣として対米強硬派として名を馳せたが、賭博好きな性格や、そのための公私混同が目立って、戦後失脚した。

この4代目サンドイッチ伯爵の名にちなんで命名されたものがもう1つある。パンの間にコールドミートや野菜をはさんだ食べ物、「サンドイッチ」である。

長時間の賭け事の集まりに参加することが多かった彼は、食事のために賭け事を中断することを嫌い、トランプを続けながら食べることができるように、「肉を2切れパンの間に挟んで持ってきてくれ」と注文したところ、他の参加者も「これは名案」と「サンドイッチと同じもの」と注文し始め、それが広く伝わり、最終的に縮まって「サンドイッチ」となったと言われている。サンドイッチ諸島は、20世紀になり、現地名の「ハワイ諸島」と呼ばれるようになり、サンドイッチ伯爵の名前も人々の話題から消え去っていったが、食べ物の「サンドイッチ」は、今も世界中で愛されている。

2.ハワイ諸島

1778年1月18日、英国海軍士官、ジェームス・クック(通称:キャプテン・クック)が、ハワイ諸島のうち、カウアイ島に上陸した。欧米人が初めてハワイに降り立った日である。

クックは、発見したハワイ諸島を「サンドイッチ伯爵ジョン・モンタギュー」に敬意を表して「サンドイッチ諸島」と名付けた。その後、クックはハワイを離れ、米国へと向かい、再びハワイを訪れたのが翌年、1779年1月、ハワイ島に上陸した。しばらくして、次の目的地へと出発したが、高波でマストが折れてハワイ島へ戻って来ることになり、その際、クック一行とハワイ人の間で揉め事が起こり、クックは、ハワイ島で1779年2月、命を落とした。

ハワイ、オアフ島の人気観光スポットとして有名なものが、ハワイ州最高裁判所前にある「カメハメハ大王像」である。カメハメハ1世が正式な名前だが、カメハメハ大王の名前で親しまれている。クックが上陸した頃のハワイは、「大族長」による島単位での統治が行われていた。そのなかで力を持ったカメハメハは、1794年英国と「ハワイにおける英国水兵の安全保障の見返りとして、外国のハワイ侵略を英国が防衛する防衛援助協定」を取り付けることに成功、この力を背景として、1810年ハワイ諸島を統一、初代国王としてハワイ王国を築き上げた。

しかし、その後ハワイに帰化した欧米人がハワイ政府の要職に就くようになり、欧米的な土地私有の概念が取り込まれた。1848年には土地法が制定され、ハワイの土地は王領地、官有地、族長領地に分割された。

しかし、1850年、外国人による土地の私有が認められるようになると、多額の対外債務を抱えていたハワイ政府は、土地の売却で負債を補うようになり、ハワイ諸島の大半の土地が外国人の支配する土地となった。その後、米国からの政治的、経済的援助を求める政策が取られ、ハワイのアメリカ傾倒へ拍車が掛かることとなり、米国によって1900年、ハワイ領土併合法が公布され、同年6月にハワイ領土政府が設立された。米国の準州となり、その後1959年正式に米国の50番目の州になったのである。つまり、ハワイが米国の州に正式になったのは僅か60年前ということである。

3.ハワイのリスクマネジメント

1775年から1783年、米国が英国と戦っていた独立戦争の同じ時期、地球の真裏ではハワイを巡る攻防戦を、また米英が繰り広げていた構図が読み取れる。いわゆる「帝国主義」による覇権争いである。

帝国主義が強まったのは、1850年代以降といわれており、ハワイでの覇権争いの時期と符号する。この時期、ヨーロッパ諸国や米国、そして日本といった列強が世界のかなりの部分を植民地化して分割支配、独立を保っている地域も勢力圏におさめていった期間で、独立国として残存するものはわずかとなった。その後、帝国主義はアフリカ大陸に向かい、1884年にベルリン会議が開かれて列強の分割ルールが制定されたことで、アフリカ内陸部が植民地化されていった。そうしてこの流れは、第一次世界大戦に向かい、その戦後処理への不満と新たな資源となった石油の獲得競争の結果、第二次世界大戦を引き起こすことになるのである。

こういうさなかでありながら、ハワイが独立を保てたことは、カメハメハ王家の巧みな外交、また太平洋の中心部という地勢的な強みに加え、「争奪すべき資源が無い」という「弱み」が、かえって「強み」として作用したと考えられる。

今回のまとめ

リスクマネジメントは、企業の内包するリスクと遭遇するリスクを特定していくところから始まる。その特定が、企業戦略を策定していく際に、機会(プラス面)と脅威(マイナス面)を列挙していくことに寄与していくのである。したがって、企業戦略の策定には、リスクマネジメントが必要なステップなのである。

カメハメハ王家がリスクマネジメントの粋を尽くして巧みな外交を展開したことに比べ、名家として名を馳せたサンドイッチ家が歴史の彼方に消え去っていったこと、また太平洋の島々の「発見」に大いに名を轟かせた「キャプテン・クック」が、志し半ばにしてハワイで命を落としたこと、これらはサンドイッチ伯爵ジョン・モンタギューやキャプテン・クックに、リスクマネジメントの考え方が乏しかったことにすべて起因することであったと言える。

一個人や一家であれば影響は少ないが、それが企業となると、従業員、顧客等のステークホルダー(利害関係者)の数とその影響は非常に大きなものになる。そのことがハワイで証明されている。カメハメハ王家の巧みな外交に比べて、野放図な輸入によって、多額の対外債務を抱えていたその後のハワイ政府は、土地の売却でしか負債を補うことはできなくなった結果、ハワイ諸島の大半の土地が外国人の支配する土地となったのである。

レベルは国と企業とで異なるが、企業にとっては、キャプティブを視野に入れた本格的なリスクマネジメントが重要であるということの1つの証左ではないだろうか。

English Translation

Risk Management 45 – Sandwiches (Hawaii)

Global Link’s recommended location for the establishment of the captive is the state of Hawaii in the United States. Global Link has entered into business partnerships with two local captive establishment management companies.

I remember the names of the eight main islands of the Hawaiian archipelago well, perhaps because I remember the protagonist of the popular 1980s TV drama “The Tale of the Stewardesses” muttering “from the beach, already crab (hamakalamookani)” as hard as she could to remember them. The islands are, from south to north: Island of Hawai’i (Big Island), Maui Island, Kaho’olawe Island, na ‘i Island, Moloka’i Island, O’ahu Island, Kaua’i Island, Ni’ihau Island ). The acronym is Hamakalamo’okani(Crabs already appeared from a beach). Oahu is the home of the State of Hawaii’s government agencies and Waikiki Beach, a famous tourist destination.

These Hawaiian Islands were, until the end of the 19th century, known to Westerners by their aliases, named by James Cook (a.k.a. Captain Cook), the first Western officer to reach the Hawaiian Islands. Its name was the “Sandwich Islands”.

1. the Earl of Sandwich.

The “Sandwich” was John Montague, Earl of Sandwich, the then British Minister of the Navy, who was instrumental in promoting Captain Cook’s voyage of exploration.

John Montague was appointed Lord of Sandwich, near the Straits of Dover, for his services in the Restoration of King Charles II in 1662, and from that time onwards he was a pivotal member of the Royal Navy for generations. He made a name for himself as a hardliner against the United States during the American Revolutionary War from 1775 to 1783 as Minister of the Navy, but he was disqualified after the war due to his gambling nature and the public confusion that resulted from it.

There is another one named after this fourth Earl of Sandwich. It is a “sandwich,” a food with cold meat or vegetables sandwiched between breads.

He often attended long wagering gatherings, and when he disliked interrupting his wagering for food and ordered “bring me two slices of meat between two slices of bread” so he could eat while continuing to play cards, the other participants ordered “this is a good idea” and “the same thing as a sandwich”! The word “sandwich” is said to have begun to spread widely and eventually shrunk to “sandwich”. In the 20th century, the Sandwich Islands came to be known by the local name “Hawaiian Islands” and the name of the Earl of Sandwich faded from people’s minds, but the food “sandwich” is still loved around the world.

2. the Hawaiian Islands.

On January 18, 1778, British naval officer James Cook (known as Captain Cook) landed on Kauai, one of the Hawaiian Islands. It was the first day a westerner had ever landed in Hawaii.

Cook named the Hawaiian islands he discovered the “Sandwich Islands” in honor of “John Montague, Earl of Sandwich”. Cook then left Hawaii for the United States and visited Hawaii again the following year, in January 1779, when he landed on the Hawaiian Islands. A short time later, he departed for his next destination, but a tidal wave broke his mast and forced him to return to the Hawaiian Islands, where a dispute between Cook and his party and the Hawaiians resulted in Cook’s death on the island in February 1779.

One of the most popular tourist attractions in Oahu, Hawaii is the King Kamehameha I Statue in front of the Hawaii State Supreme Court. Although the statue’s official name is Kamehameha I, it is popularly known as Great King Kamehameha. The statue is located in front of the Hawaii Supreme Court. At the time of Cook’s arrival, Hawaii was governed by “great chiefs” who ruled the islands on an island-by-island basis. In 1794, Kamehameha was able to secure a Defense and Aid Agreement with the British that provided for the defense of Hawaii in return for the security of the British sailors in Hawaii and in 1810, he unified the Hawaiian Islands and established the Kingdom of Hawaii as the first king.

However, naturalized Westerners who later became naturalized in Hawaii began to hold key positions in the Hawaiian government, and the Western concept of private ownership of land was incorporated.In 1848, the Land Act was enacted, dividing Hawaii’s land into royal, governmental and chieftaincy lands.

However, in 1850, when private ownership of land by foreigners was allowed, the Hawaiian government, which was burdened with large foreign debts, began to cover its debts by selling land, and most of the Hawaiian Islands became foreign controlled land. In 1900, the U.S. promulgated the Hawaii Annexation Act, which established the territorial government of Hawaii in June of that year. Hawaii became a U.S. Territory and then officially became the 50th U.S. state in 1959. This means that Hawaii became an official U.S. state only 60 years ago.

3. Risk Management in Hawaii

From 1775 to 1783, during the same period of the War of Independence when the United States was fighting the British, we can read about the composition of the battle for Hawaii, which was being waged by the United States and Britain again, right behind the earth. It was a battle for supremacy between the so-called “imperialists”.

It is said that imperialism intensified after the 1850s, which corresponds to the period of the struggle for supremacy in Hawaii. During this period, European, U.S. and Japanese powers colonized a large part of the world and subjugated the regions that remained independent, leaving only a few independent countries in their sphere of influence. Later on, imperialism moved towards the African continent, and with the Berlin Conference of 1884, which established the partition rules for the powers, the African interior was colonized. This led to the First World War, and the dissatisfaction with the post-war process and the competition for the new oil resources led to the Second World War.

The fact that Hawaii was able to maintain its independence in the midst of all this is a testament to the skillful diplomacy of the Kamehameha royal family and the geographic strength of its location in the center of the Pacific Ocean, as well as the lack of resources to exploit.

Summary of this issue

Risk management begins with the identification of the risks inherent in a company and the risks it encounters. That identification contributes to the enumeration of opportunities (positive aspects) and threats (negative aspects) in the formulation of corporate strategy. Therefore, risk management is a necessary step in the formulation of corporate strategy.

In contrast to the Kamehameha kings’ masterful use of risk management and diplomacy, the fame of the Sandwich family has faded into the distance, and “Captain Cook,” who was so well known for his “discoveries” of the Pacific islands, died in Hawaii in the middle of his career. , all of which can be attributed to the lack of risk management thinking in John Montague, Earl of Sandwich and Captain Cook.

While the impact is minimal for one individual or family, when it comes to a company, the number of employees, customers, and other stakeholders and their impact can be very large. This has been proven in Hawaii. Compared to the skillful diplomacy of the Kamehameha kings, the subsequent Hawaiian government, which was saddled with large foreign debts due to unbridled imports, could only cover its debts through the sale of land, and as a result, most of the land in the Hawaiian Islands became controlled by foreigners.

Although the level of risk management varies from state to state and from company to company, it is one sign of the importance of full-scale risk management with a view to captives for companies.